なぜ?

「なぜ?」あるいは「なに?」

この問いかけは極めて人間的です。

外に向かって「なぜ?」と問いかけ続けているのが科学でしょう、内に向かって「なぜ?」と問いかけ続けているのが哲学といわれるのかもしれません。

特に、科学や哲学といった学問でなくても、日常的に私達は「なぜ?」を使います。そこには無数の理由があるでしょう・・・

マインドは常に「なぜ?」を繰り返しているのかもしれません。そして自問自答しているのです。

「りんごが落ちるのはなぜ?」

「万有引力があるからだよ!」

「万有引力があるのはなぜ?」

「それは法則だよ!」

「法則があるのはなぜ?」

・・・

答えになってるようで本質的には何も答えていない。しかし、「わかった気になる」マインド遊び・・・問いを作り出しては問いに答える繰り返し・・・

「なぜ?」を考える。

「どの様にして?」を考える。

「・・・ついて」考える。

「このお花は綺麗だね・・」

「綺麗ってなに?」

「汚くないってこと・・」

「汚いって?」

「・・・」

考えれば考えるほど「それ」からは離れていくでしょう。しかし無駄ではありません。「考える行為を瞑想として極めれば」あなたはいなくなるでしょう。ごくごく限られた人だけが実践できる瞑想の手法です。

多くの場合は言葉遊び(あるいはトートロジー)になってしまうでしょう・・・

りんごも花もあるのです。実存です。様が変わるかも知れません。

しかし「あなた」がいなければ、そこに「言葉」はありません。

そこに「知」が無ければ全てが存在します。

あなただけが邪魔者なのです。

あなたがいなければ「それ」でしょう・・・

とてつもない感動と調和が「あなたを占拠するでしょう」明け渡しましょう・・

他になにか?

Let’s enjoy our lives!!

この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">