結婚・・・

一夫多妻制っていいと・・・・の記事につぶやく(笑)これは11月24日の私のつぶやきですが、リンク先の記事にとてもたくさんコメントがついてます。時間のある方はざっと眺めておかれるとよいかもしれません(理由:記事がいつまで保存されているかわからないので)・・・このblogでもいずれ書こうと思っていたテーマです。で、この上の画像では携帯の方は読めないかもしれないので、そのまま書いておきます。

玉置弘一 (hirotamaki) on Twitter

そもそも法律で決めるものじゃないでしょ!!男女の関係に国がいちいち口出しないでもらいたい。統治するには便利な制度というだけです。http://komachi.yomiuri.co.j… 8:47 PM Nov 24th web

ってつぶやいています。唐突に結論じみたことをつぶやいてますが、実はこの結婚というテーマは私達人間において極めて重要なテーマなのです。というより、人間だけが制度をもつのですけど? ファミリーを構成する動物は他にもいますが「結婚」とは違います。比較考察しても奥深いのですが、このブログのテーマから離れるのでやめます。 結婚について語ろうとするなら、ざっと思いつくだけでも以下のようなポイントが必要になるでしょう・・・その他、世間の結婚について書かれた書籍や誰かの薀蓄は「その人の趣味程度の主張」だと思って差し支えないでしょう・・・弁護士ぐらいかな仕事になるのは、それに結婚詐欺(笑)←これだけで何がいいたいかわかる人もいるはずですね(笑)

観点としては約束・契約、所有、狩猟、農耕、政治、宗教、教育、男女差、風俗産業、性欲、sex、繁殖、経済社会、個人的価値観、因習、文化・・・といった様々な観点に影響を及ぼすテーマです。また非常に「時代や地域における違いの多いテーマ」であり、マインド、マインドしてる(笑)のです。これだけでも足りないほどの「よろしくない」影響力があるので危険なのです。全てマインドを強化していく要素です。(まぁ、裏を返せば、こちら(私)のほうが危険かも知れませんが・・・(爆))

「それ」から切り離されてしまうのです、だから冒頭のような結論じみたツイッター(Twitter)になるわけです。

更に、結婚について語ったとたん「つまらないもの」になってしまうのです。

おそらく、多くの人は「愛」と「愛情」の区別がまったくなされていないからでしょう。(コメントを見てもよくわかります)

もちろん、この場合「愛=それ」です、なので語ることもできないのです。

愛は「それ」の別称であり、「ふれ合い、分かち合う体験を通してあなたが とけて なくなるのです」

もちろん男女だけではありません、親子、友人、動物、植物、・・・ありとあら存在に対してです。

「それ=愛=あなた」です。

「冒頭の記事を読んでおいてね!」って書こうと思っただけなのに、余計なことまで書いてしまいました(爆)

ではでは、このエントリーはメモということで・・・

この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">