瞑想のTips(小技)

瞑想の方法は複数あるでしょう。しかし、その手法や手順についてとらわれるのはナンセンスです。

個人的にはヴィパサナー瞑想をお勧めします。ただ、姿勢について色々考えてしまう人が居るようなので、参考までに書いておきます。

一定のポーズは一定の成果につながる可能性があります。多くの人におすすめなのは「横になる」です。最も簡単でしょう(笑)これが最も自然なポーズなのです。その他のポーズはどうしてもどこかに「力」が入ります。

ヨガっぽく言えば「屍のポーズ」、禅っぽく言えば「仰臥禅」です。そして何をするのかと言えば何もしないのです(爆)瞑想ですよ!瞑想!!何かするのはおかしいでしょう?

しかし、イントロとして、体のチェックぐらいはしてもいいでしょう。横になって、頭の先からつま先まで観察してください。もしかしたら「違和感」を感じる部位があります。筋肉が固くなっている箇所もあるでしょう。なんだか左右んバランスが違っている感じがするかもしれません。体の内部も観察して下さい。各臓器を意識するとなんとなくそれぞれの働きを観察できるでしょう。自律神経によって動いているので基本的に手出しできないと思います(w)心臓を5分ほど止めてみよう、腸を反対向きに捻ってみようとか・・・難しいでしょう(笑) 大事なことは「くつろぐ」ことです。だから半身浴とかでもいいですよとにかく「くつろぐ」ポーズとして最も適切なのが「横になる」です。体のチェックが終了して、くつろぐ、マインドから開放されて「ただくつろぐ」のです。いまここに留まるのです。

肉体が完璧にくつろぎ、意識が落ちてしまったら、あなたは「睡眠」しています。

肉体が完璧にくつろぎ、意識が覚めていたら、あなたは「それ」を体験します。

前者ならマインドとともに眠りこけてるだけです。悪いことではありません。睡眠は大切です。

後者を体験したければ「呼吸を観続けて下さい」。他に何もしていないのに「呼吸を見失う」だけで瞑想になりません。

「横になって考える、マインドです」

いつものあなたかもしれません?そのうち「爆睡」でしょう(笑)

何もしていないのに「なぜ呼吸を観察しそこなう」のですか?

呼吸は自律神経で機能してます。だから自分でコントロールできるのでしょう!

その呼吸を見逃す?よっぽどマインドに支配されているのでは?

肉体が完璧にくつろぎ、意識が覚めていたら、あなたは「それ」を体験します。

呼吸になります。もう呼吸そのものが消えています。見失うのでは無く、呼吸そのものになるのです。外側、内側という境界はなくなります。入るとか出るとかの動きが消えます。なぜなら「あなた=それ」だからです。

このプロセスで(個人差があるかもしれないので、なんと言えませんが)世間でいう幽体離脱を体験するかもしれません。初めて体験するならちょっと恐怖を感じるかもしれませんが、一瞬です(w)この状態でもかなりぶっ飛んだ体験でしょう(笑)もちろん肉体ではないので呼吸はありません。しかし「まだ古いあなた」がいます。そしてその後「それ」を体験するでしょう。古いあなたにとどまっていたら、「橋の途中」です。橋を渡り切る最後の瞬間あなたは「恐怖」を発見するかもしれません。と同時に「至福」を手に入れるでしょう・・・「それ=あなた」です。観るあなたと観られる対象が一つになるのです。

この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です