たった一枚のカードさえ引いてしまえば・・・

まずは、もう一度過去記事を御覧下さい→ →「繰り返し・・・」今回はこの記事の続編です。結論から・・・「?」のカードを引いてしまえば、2度とこのサイトに来る必要がありません。さよなら、そして「ようこそ」

さて、「?」は実際なんと書いてあるのでしょう。あなたは既に気がついていると思います。「死」です。他のカードは表に何が書いてあっても裏は「欲」です。マインドは貪欲なのです。「無欲になりましょう」と言ってるのではありません。どこかに書きましたが「なる」というのはマインドの仕事ですから・・・

さぁ、あなたがたった一枚の「死」のカードを引いて、驚くことでしょう・・・裏には「生」と書いてあるのです。「生」を初めて体験する瞬間です。「生まれる」のです。生まれ変わる(再誕生)といってもよいかも知れません。「それ=あなた」です。「はいじん」です(爆)。

勿論、肉体の死をいってる訳ではありません。「マインドの死」です。あなたの肉体は「それまでの肉体とは別物になっていると感じるかもしれません。見える風景、聞こえる音、触れる感触・・・全てが変わります。

「はいじん」であるあなたは「初期化されたマインド」とともに全く別人になった気がするでしょう。

それまでの社会で価値があるとされていた一切が消え失せます。

「地位、名誉、権力、財力・・・」外側で獲得した筈の全て、同時に内側で経験した筈の全て「愛、優しさ、慈しみ、絆、・・・」が「マインド物語」だった事を発見するでしょう。

あなたは、「どこにも属することなく」ではなく、「どこにも属さないからこそ」、あなたなのです。純粋に「あなたが在る」のです。

今まで、あなたは社会に所属することで「あなたらしさ」を表現している筈です。あなたが体験してきた全てが「マインド物語」です。

それまでの社会で価値があるとされていた一切が消え失せます。

たった一枚のカードを引くには「瞑想」。

瞑想はあなたが意識的に始めるにもかかわらず、始めた時のあなたが消滅する「その瞬間から瞑想が始まるのです」。

瞑想は求める何かではありません、「起こる」のです。

よい週末を・・・


この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">