数値化したがる?

あなたはありのままではなく「データ」等に代表される数字を見ているのかも知れません?

円周率:π=3.1415….

平方根:√2=1.4142…

数学で少し習った事があるでしょう?これらは永遠に数字が続きます。一辺が「1」の正方形の対角線が√2ですが、「目で見れば明らかに存在する」のに書き表そうとすると人為的な記号(√)をつけて表記し、近似値を示す程度が限界なのです。

確かに「存在する」のに「表現できない」このような事例は無数にあるでしょう。「わかった気になる」のは数学と言う言語によって整理され整合性を保っているからに他なりません。2次元、3次元、4次元、5次元、・・・n次元と表現さればなんとなくわかった気がするでしょう?

では、「存在が確認できないのに表現」された場合はどうでしょうか?

えっ?なに?って感じですか?身近な数字として代表的なのは「時間」です。

「時刻は時間をデータとして利用する約束事」です。ハカリとしては時計とかカレンダー等が使われます(笑)。

これは先程の数学と同じように日常言語として整理され整合性を保っているのです。

現代人にとって最も汎用性がある概念です。共通認識できる唯一つの概念かも知れません。これほどまでに社会的に了解されている概念は他にないかも知れません・・・同じような場所に居れば○年○月○日○時○分○秒と表記され何か「絶対的な威圧感」をもってあなたに押し付けてくるでしょう?今日、日本では12月14日です。あなただけ違いますか?誰もがあたりまえに、同じように認識している概念です。

「時間とは何?」と問いかけても不毛です。あなたが哲学者なら本の一冊も書けるでしょうが、売れません(笑)ベルグソン、ハイディガー等の先達が既に世界中にあまた居らっしゃいますから・・・しかし、日常的にベッタリとついてまわる「時間」、大変手のかかる奴です。こいつをなんとかしないとなりません・・・なんといっても「マインドの最高傑作のひとつ」です。だから問いかけ、考えても哲学者になるのが関の山なのです。

何とかする方法は唯一「瞑想」です。

もし時間がなければ昨日はないでしょう。

もし時間がなければ明日はないでしょう。

もし時間がなければ「いまここ」すら不要でしょう。

あなたの否定的感情を「理性的に作り出すのは時間という概念」です。

明日がないのに何を不安がるのでしょう?

昨日がないのに何を後悔するのでしょう?

とすると「あなたは一体誰?」(爆)

深刻にならないでね!お気楽に!!

こちらも少し関係するかな?

Enjoy!!


この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">