隻手の音

 

「馬鹿とは?」Perfect Listening

・・・・あなたの前に知り合いが現れて、あなたに次のように伝えます

「君の見てる世界は天地が逆転してるんだよ」(空が下で地面が上)ってね・・・

これは私の別サイトの「馬鹿とは?」に書いた一文です。大方の人はこの文章を単なる例え話として読み飛ばすでしょう?

なぜなら「そんなはずはない」と前提があるからです。この前提は「常識」ですよね?もちろん「私にとって」は上記引用部分は例え話ではありません(笑)

いろんなブログや本で紹介されている内容を拾い読みすると「それ」を「体験してない人」が書いてるようです。

だから「わかった気」にさせてくれるのかも知れません。弊害のほうがはるかに多いですね。

「あるがままでいいですよ」「守られてますよ」「皆同じですよ」「幻想ですよ」・・・これらは「常識」ですから「わからない」ということはないでしょう?あなたが「わかると」という時は「完璧な誤解」だと思った方がましです。マインドでは「それ」はわかりえないのです。

にもかかわらず「耳障りの良い表現」で「癒されました」「救われました」となってる人が多いのでは?

「わかり易いほど受けが良いようです」これって最も「それ」から離れます。残念ですね(w)、で、だんだん「周りにそういう人が増えてきた」とか言ってるなら「アウト」です(爆)ただ、あなたのマインド(エゴ)は満足させてくれるでしょう、慰められるでしょう・・・

「それ」から離れて生活するのも悪くないですよ!ただし「それ=究極の至福」と別物です。何しろマインド物語ですから・・惨めでしょう・・・

禅の考案のように「答えられない」方がよっぽどましです。答えられないけど「体験して会得」はできます。

「両手で手を叩くとパチパチと音がします、今の音は右手か?左手か?」(隻手の音)とか、

「山奥で大木が倒れたときどんな音がするのか?」とか、

・・・・興味がある人は竹やぶに入って竹になってください(笑)

 

「それ」についてはわからないけど「体験して会得」はできます。

このブログは「わからない」という反応がもっとも適切かもしれません(w)何しろ「理性を否定してハイジンを薦めてる」のですから!!

もうすぐお正月ですね、時間があるなら最初の記事から読んでいただくと「わからない」と思います。

ではでは

Enjoy meditation!!

この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です