2月27日のtweet:笑いの瞑想

  • 笑って、笑って、笑い倒せ!まずはじめに自分の意志で笑い始める。無理に笑い始める。そのうち自分の意思とは関係ないところで笑いが起きるだろう・・ posted at 14:11:59
  • 深刻な表情、しかッめつらの顔、これらに至福は訪れない。あるのは怒り、焦り、不安、恐怖、・・このようなマインドに支配された「悩み」だけだ。 posted at 14:13:20
  • その人達の顔を見るがいい。眉間に皺を寄せ、口角はさがり、目がつりあがっている。中には悲壮感すら表してる。完全に病気だ。もちろん大人にしかいない。赤ちゃんにはありえない。 posted at 14:15:04
  • 一般的な「幸せ感」であったとしてもそこには笑いがある。覚者の至福に遠く及ばないまでも「充分に幸福」かも知れない。 posted at 14:16:17
  • 笑いに生きてる人の顔は口角は上がり、目尻に皺がある。目は少しタレ目っぽい。微笑んでいる表情は非常にナチュラルだ!! posted at 14:17:18
  • 人の筋力は表情筋であっても衰える。即ちたるむということだ!歳を取っているにもかかわらず、吊り上げってくるのは病気だと思って間違いない。本来は柔和な表情であるはず。 posted at 14:18:42
  • 笑って、笑って、笑い通せ!!いつでもどこでも・・・はじめは自分から、しかし突如、全く別物の笑いが起き上がる。それまで笑っている。瞑想が始める切っ掛けだ! posted at 14:20:08
  • あなたは笑い始める。しかし次にあなたは笑いに巻き込まれる、そしていつかあなたは消え去り、笑いだけがある。瞑想が始まる瞬間だ。その時笑いは異質な笑いに変容している。 posted at 14:21:54
  • 異質な笑いは「喜び・慶び・歓び・悦び」だ!!大いによろこべ。笑いが歓喜に変容するとそこには驚くべきことが立ち上がる。「静寂なる歓喜」「無音の歓喜」言葉にできない。覚者の笑いはそれだ!! posted at 14:24:29
  • 笑うことが難しいと感じるならあなたはマインドに侵されている。マインドは正常だがあなたは異常だ!!人間とほんの少しの種族しか笑えないのだ!このユニークな能力を封印するのは人間を放棄していると考えられる。ロボットだ!! posted at 14:26:40
  • あなたがロボットでいたいなら、マインドにインストールされた常識というプログラムにしたがって動いていれば良い。もし嫌ならあなた本来の「存在」として生きることだ。そうすれば全く新しい、そして元からあった生をエンジョイ出来るだろう。 posted at 14:28:49
  • 笑い通せ!どんな出来事も笑いに包んでしまえ。そうすれば肉体もしなやかさを保つだろう。深刻になる必要などどこにもないのだ!生は楽しみそのもの!修行も鍛錬も不要だ。 posted at 14:33:19
  • 笑うのに霊も天使も悪魔も神も出番がない。おとぎ話が好きなマインドに騙されてはいけない。「神のお告げ」「宇宙からのメーッセージ」こんなものは無い。シンプルに覚醒することができる。一瞥するだけで天地がひっくり返るほどの出来事だ。 posted at 14:36:09

この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です