全ては必然であるという言葉・・・

出来事は全て必然である。偶然などないのです。というような言葉を聞いたことがあるでしょう。

この表現は一面では間違いなく「それ」を語っています。

いやぁ・・久々ですね。この3ヶ月間暇に任せて瞑想三昧してました。このブログは言葉に尽くせない「それ」感じ取れる程度に描いていこうと試みたものですが、とても難しいですね。

今回は少し、平易に説明っぽく書いてみようかと思います。

精神世界に興味がある人、あるいは成功哲学等を勉強してる人も「全ては必然」は聞いたことがあるでしょう。引き寄せの法則などというおちゃらけ法則にもあるのかも知れません。

出来事の後解釈(後講釈)はマインドのもっとも得意とするところです。自分に都合が良いことだけを引き寄せるなどという「法則」なんかあるはずないです。そもそも「良し悪し」の判断そのものがマインドの設定だということに気づいてなければなりません。

しかし、「それ」の働きは(という表現が実は難しいのですがw)全て必然的に起きています。偶然と必然は「意識したか、しなかったか」の違いです。この意識した時点で「アウト」です。

ぎりぎりの表現で伝えるなら「全て自然」なのです。

だから自然(天然という意味合い)から学びは多くあります。

あなたは木々の葉っぱ一枚一枚に「個性」を見つけることができるでしょうか?

目の前の「一葉」が他の「葉」と違い、ユニークな存在なのだと。

(もっと言えば)葉っぱの表面と裏面の違いが極めて精巧な作りであり、その一葉が全身で存在しているのを発見し、驚いたことはあるのでしょうか?

「それ」はこの状態を「発見」した時、即ち「あなたが葉っぱと同化した時」瞬時に訪れます。

この時、必然とか偶然という表現が「虚しく、無意味なマインドの作り事」だったと気づくでしょう。

我々の頭(マインド)はすぐに毒され、葉っぱを抽象化し、「ありのまま」を体験出来なくしてしまいます。

日常生活には必要かもしれません。しかし、あなたが常にマインドの奴隷になっていては、いつまで経っても「それ」を体験出来ないでしょう。

マインドを静かにさせ、あなた自身が「それ」になる時を待つ必要があります。

もし、「それ」を体験すれば、自然から何もかもを学ぶことができるでしょう。

調和し、豊かな恵みそのものになってることでしょう。

木々と会話を楽しみ、空の歌声を聞き、水の繋がりが世界中であることに気がつくでしょう。

動物も植物も更には鉱物までもがあなたの存在を、そしてお互いの存在を祝福していることに驚くことでしょう。

それを体験する近道は瞑想です。そして、日常的にいつでも「それ」を体験できていれば、あなたから「執着」という言葉が無くなっているでしょう。

なんとなく、雰囲気を掴んで頂けましたか?常に平然とある。

都合の良し悪し関わらず、何が起きても、「常に平然とある」 これが本来の自然の姿なのです。

Enjoy your life!

この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">