死に対して誠実に向き合う

新年早々から少々重いエントリーかもしれません。まぁ、このサイトを覗きに来る方は、浮世の喧騒から離れて生きてもいける方が多いと思いますので大丈夫でしょう。

仕事っぽいブログで「将来に対して誠実に向き合う」という記事を書いています。一分ぐらいで読めると思いますので、まずはそちらをお読みください。

特別なことは書いていません。この記事をもう少し深める事にします。

何度も書いているように「存在それ自体は見ることも語ることもできません」ただ体験があるのみです。先の記事にある、「新鮮に出会う」とはまさに「その事」を表現したかったのです。

再現不可能な「一瞬をつなぎ合わせた永遠」を感覚できれば最高でしょう?周囲からは何も違和感無く、普通に生きてると見えることでしょう。しかし、当人は「どの瞬間も2度と訪れる事がないのだ」という強烈な自覚があります。「それを体験している」と云ってもよいでしょう。

あなたが、今年の夏に死ぬとわかっていたら、

「春の桜を眺める体験は去年と全く違うはず」

この想像は難しくないでしょう?

目の前の人と二度と会えないとしたら、どんな接し方をしますか?

おそらく「あふれんばかりの愛で包み込むことでしょう!!」

賑やかなマインドに翻弄されることなく、ただひたすら「新鮮な体験を続ける」のです。

そのための唯一の条件は「死に対して誠実に向き合う」だけです。どの一瞬も死につつあるのです。この感覚を持たない限り「それ」を体験することは不可能でしょう。

私は、好奇心が旺盛です。興味の範囲は無限に拡がっていると感じます。もちろんこのことは生活する上で役に立ちます。そして、いつも「次に何が起きるんだろう?」とワクワクしています。

人生を「死ぬ瞬間のために準備される時間」と定義したら、「最高のクライマックス」を演出したと思いませんか?観客はもちろん一般的に云う自分自身です。ワクワクしながら「その瞬間に立ち会いたい」と思いませんか?

そのために、いつも「死と向き合い、誠実に付き合う必要があります」

「存在」と分離して生きてると死に対して恐怖だとか、不安が支配します。というり、そう感じるように「洗脳」されているのです。幼児に死はありません、昨日もなければ明日もありません、「いま、ここ」だけが存在します。もちろん「自己」という概念がありません。「自己」を作り上げた(手に入れた)とたんに「存在」と分離してしまいます。

だから、死と誠実に向き合うとは、自己を消滅させる事に他ならないのです。

いつの日か私の肉体は朽ち果てることでしょう。しかし私そのものが存在なら「そのまま」です。自己を消滅させる、即ちマインドを見つめる事で可能です。

純粋で無垢な「あなた自身」をマインドに乗っ取られてはいけません。

純粋で無垢な「あなた自身」はとてもパワフルに輝いています。

純粋で無垢な「あなた自身」はいま、ここに在るだけで十分です。

そろそろ、存在から分離したちっぽけなエゴと付き合うのはやめて、存在そのものに帰りましょう!忘れてしまっている「それ」を思い出すだけでOKです。

ではでは、どうか素晴らしい時を、輝く時を楽しんでください。最高のクライマックスに向けて。。。

しばらく、記事を書いていなかったので少々長くなりました。今年も気まぐれで書いていきます。関心があればお立ち寄りください。廃人になるかもしれませんが(爆)

この記事は関連するかも?

カテゴリー: 思いつき・・・ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です