ゲシュタルトの詩(祈り)

いきなり引用です。

 

自分にできること-3 「出合った人達に関して」(時間がある方は「あとで」読んでください)

 

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。

私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。

そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。

もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。

出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。

この詩(祈り)は有名なのでどこかで目にしているかも知れません。とても素晴らしい詩だと思います。大好きな詩です。さて、一言で言えば、「私は私、あなたはあなた」と言ってるだけです。身も蓋もないですね。 英語だとこんな感じでしょうか?I am okey, you are okey!!

誰かに好かれるように生きる事は決して悪いことではありません。しかし、誰かに媚びるようになるとどうでしょう?もちろん、誰かに嫌われるように生きたい人はあまりいないでしょう。結果として嫌われる人はいるでしょうけど・・・

私達は「繋がりの中で自分を確認する」生き物なのかも知れません。そこには愛情も生まれるでしょう、同時に憎しみもあるでしょう。サラッと表現すれば好き嫌いです。よく言われることですが「愛」の反対は憎しみではなく「無視」だと・・・

そのために(人間関係を維持するために)、自分を偽ってるとしたら、本当のあなたはどこに居るのでしょう?

本当はありのままの自分を受け入れてもらいたいのでは?

ありのままの自分をさらけ出すことは、少し怖いかも知れませんね!

「今のままで充分満たされています」とカウンセラーやコーチが伝えたとしても虚しく聞こえるはずです。なぜなら、あなたは決して奥深いところでは満たされていないからです。人間は孤独になるのを極端に怖がる生き物です。だから「(自分を)偽ってでも繋がっていたい」のかも知れません。

もし、あなたが「誰かに」ありのままを受け入れてもらいたいなら、ありのままを示す事が必要です。あなたが自分自身を本当に大切に思うなら、「何かに」さらけ出し、明け渡す必要があるでしょう。瞑想などしなくてもこの一点、この瞬間に何か大きな変容が訪れる可能性があります。必要なのは未知の出来事、「相手に」拒絶される(かもしれない)恐怖を乗り越える勇気だけでしょう。

色 | 理性が断絶する瞬間

知識がマインドからすべて落ちる瞬間、「それがあなたを乗っとります」(明け渡し:サレンド(サレンダーsurrender)、受容:アクセプト、アクセプタンスacceptance)

そうです。全てはマインドが作り出した「経験知」でしかありません。

そんな時、冒頭のゲシュタルトの詩を思い出してみましょう!

そう、「私は私、あなたはあなた」です。

「それ」を体験するには未知なる領域への飛躍が必要です。

それも一人で飛び立つ必要があります。

「全世界の人があなたを無視しても、あなた自身が、あふれんばかりの愛であなた自身を抱きしめればOkeyでしょう?」

そして、あなたは「在る」こと、全てが在るということを発見するでしょう!!

「私はあなた、あなたは私」ってね

ではでは、

Enjoy your life!!

カテゴリー: 思いつき・・・ | コメントする

まずはこちらの記事を御覧ください。知情意

特別なことは書いていませんが、こちらの読者の皆様には「もう一つ」付け加えなければなりませんね。そこで下の図になります。

そうです。あなた自身を外部から観照する視点です。これは知でも情でも意でもない領域からの眺めです。知情意は全てマインドの作り事です。それを外部から眺めるのです。外部に居るあなただけが「知情意」を制御可能なのです。

決して、内部にはいては制御はできず、もてあそばれます。

「観」ができるようになると「一瞬一瞬」が煌めく瞬間になることでしょう。更にその状態が続くと、この図にある外部の「実線の円」が消えてなくなります。

「観」しているあなた自身が無くなるのです。その時直ちに「それ」に出会うでしょう!そして「全て在る」と発見します。もちろん現実には何も変化がありません。

ただし、あなたはもはや「それまでのあなたでは無くなるのです」だからこそ同じ現実でも「別世界」を体験してしまいます。

途方も無い悦びと歓喜の中に、深遠なる愛に触れ、悠久の自由を手にしていることでしょう・・・

ではでは、

Enjoy meditation!!

カテゴリー: 思いつき・・・ | コメントする

カードマジック!?

まずは次の動画を御覧ください。英語ですが、内容は見ていればわかります。

YouTube Preview Image

どうですか?

えっ?って感じですか?

ものすごい見落としをしてなかったですか?

私達はどこかに意識を向けると他が「意識の外」に行ってしまいます。マインドは何かにフォーカスすることで解釈できるのです。見ようとしているモノを、しかも見たいようしか見えないのです。

ウラ返せば(マインドに依存しないためには)何にもとらわれず、「流れるように眺めている」ことが重要です。

もう少し分かりやすく書けば「ぼぉー」と観る感じですかね?目に映るありのままをまるごと観る感じです。脳に入れないでダイレクトに「観る」感じです。わかりにくくなりましたか(爆)

過去に「流れる空間」と題してブログを書いていました(こちらは廃人にはなりませんよw)空間はいつも流れるては立ち去り、新たに現れるのです。

同じように「聴く」行為にも当てはまります。ノーマインドで「観聴きする」

身体全体で「観て」「聴く」事が出来れば、「それ」になっています。「時」がなくなり、全てが圧倒的な存在感であなたに迫ってくるでしょう!その刹那に「完全に明け渡しましょう!!」

あなたは再誕生するでしょう!

ではでは、

Enjoy meditation!

カテゴリー: 思いつき・・・ | タグ: | 1件のコメント

Alex Grey:こんな風に見える感じわかりますか? 

こちらの写真はある本の一部です。ご存じの方も多いともいますが、Alex Grey の

Sacred Mirrors: The Visionary Art of Alex Grey

Transfigurations: Alex Grey ; With Contributions by Albert Hofmann … Et Al (English)です。

昨日のエントリーは「音」、「音楽」を取り上げました。

今日は「絵」を扱いましょう。文章で小難しい本を読むよりストレートに「体験」できることは重要です。

この作品に書評を加えたり、コメントを付けるのは滑稽でしょう?

アートはつねに「まるごと体験」できるからこそ「アート」なのです。もし文章で書かれるなら、わざわざ絵にする必要もないです。また語ることができるなら音楽に擦る必要もないです。テキストや文字だけでは「伝わらない」からこそ絵とか音楽になっているのです。

Alex Greyはもともと医者なので人体の細部を彼独特の作風で描いています。ある種のエロやグロテスクな印象を持つ人もいますが、そんなんことはどうでもよくて、ありのままを観ると面白いですよ。実に見事に表現されています。

Alex Greyには「こんな風に見えている」んだろうなと感じるかも?私がこの記事でたまに使う「エネルギー」とか「エネルギーフィールド」を巧みに表現していますね。とても良くわかります。かなり身体の内部まで「観える」ので面白いですよ。私はこんな風に描けないですけどw

人生はアートです。理屈抜きでそのまま「観照」しましょう!「それ」に出会いますよ!

昨日に引き続き、軽めのエントリーということで、

ではでは、

Enjoy meditation!

ちなみに、彼と私は同じ誕生日でした。どうでもいいですけどw

誕生日が同じだと知った時記事です!

繋がり・・・縁・・・: BLOG de KATARI (Copy)

後日談です・・・
なんと、Alex Grey とS氏と私は誕生日が同じでした・・・びっくりしました!!

カテゴリー: 思いつき・・・ | タグ: | コメントする

生きてる不思議 死んでいく不思議・・・「何度でも」

YouTube Preview Image

皆さんも一回ぐらいは聞いたことがあると思います。

この歌詞はとても深いです。アニソンとしては「大人」向けでしょうね。年齢は関係ないですよ、もちろん!大人かどうかです。

5:30あたりから「何度でも」歌詞を観て、そして眼を閉じて聴いて、全細胞に染み込ませる感じでただエネルギーのゆらぎを感じ取ってみましょう!

聴く時は下のほうが、歌だけなので楽かもしれません。(携帯デバイスにDLして「何度でも」聞けるようにリピートさせるのもお薦めです)

YouTube Preview Image

もしかしたら歌詞を飛び越えて「それ」に出会ってしまうかもしれません、意味を吟味したり、歌詞を覚えようとする必要はありません。

単純に「音になりきる」のです。すべての細胞が微振動を起こし全身が震えるかも知れません。

全てを明け渡し、全てを受け入れる、最後のギリギリまで抵抗があるかも知れません。

「あえて書くなら」その、一線を超越した刹那に「あなたはもういない」でしょう。

net上では彼女の声が最も染み入ります。(個人差があると思います)

たまにはこういうのも良いでしょう!

ではでは

Enjoy meditation!

カテゴリー: 思いつき・・・ | タグ: | コメントする